〒104-0033 東京都中央区新川2-24-10
八丁堀駅 徒歩5分、茅場町駅 徒歩10分、日本橋駅 東西線12分

電話でのお問合せ・入れ歯相談予約

0120-836-283
診療時間
月曜・火曜・水曜・金曜
9:00~12:30/14:00~17:30
土曜 9:00~13:00
休診日 
木曜・日曜・祝日

院長プロフィール

こんにちは。「デンタルオフィス谷本」院長の、谷本 幸司(たにもと こうじ)と申します。

私は噛み合わせについて勉強し、35年以上(※)の長きに渡って入れ歯治療の技術を磨いてきました。入れ歯の症例は患者さまごとで様々です。たとえ同じような歯のなくなり方をしていても、治療法はそれぞれ異なります。個々のお口の状態に合わせて、より適した治療をご提案することが大切です。

「家は3軒建てなければ理想の家にならない」と言われますが、入れ歯も同様です。ぶっつけ本番では良いものを作れません。治療用の入れ歯を製作して、場合によっては2個、3個と作り直しながら修正していくプロセスが非常に重要です。手間を掛けてこそ、お一人おひとりにマッチした入れ歯をご提供できると考えています。

私どもは、ただ入れ歯という「モノ」を作るのではありません。患者さまのライフスタイルや食生活に合致しているか、歯や顎堤(がくてい:歯が生える部分の歯肉)など口内の組織を守れているか、などを考慮しています。目指しているのは、体の一部として少なくとも10年以上は使用いただける、耐久性の高い入れ歯です。

実際に当院で治療を受けられた方の中には、10年と言わず20年以上も使い続けている方がいらっしゃいます。なぜなら当院では、治療後に歯を失ってしまったとしても新しく製作し直すという対応は取らず、患者さまのお口の状態に合わせて随時入れ歯を修正しているからです。修理しながら長く使っていただけるよう、工夫を凝らした入れ歯作りを大切にしています。

入れ歯治療を通してお口の中の健康を保つこと。治療後も今以上に欠損が進まないよう、将来を見据えて予防歯科に力を入れること。それらが私のやりがいであり、モットーでもあります。残された歯を有効に活用するため、マイクロスコープなどの機器を使用して精密な処置に努める所存です。

また、できるだけ口内への影響を少なくした、健康につながる効果的な治療法をご提案いたします。「インプラントでないと対応できない」「歯を抜く必要がある」と言われた経験がある方も、お気軽にお問合せください。

資格

  • 歯科医師
  • 日本顎咬合学会認定「咬み合わせ認定医」
  • 日本顎咬合学会認定「咬み合わせ指導医」
  • 日本顕微鏡歯科学会「認定医」

役職

  • 日本顎咬合学会 理事
  • 包括歯科医療研究会 会長

受賞歴

日本顎咬合学会

2014年 TCHと咀嚼効率の関係について「優秀発表者賞」受賞

著書

  • 「Eichner B3症例に自然挺出を用いた一例」 補綴臨床1997.5月号 
  • 「レセコンのデーターをMacに読み込ませる」 補綴臨床1997.7月号 
  • 「トラブルに備えた設計と発生時の対応」 歯科技工別冊2000パーシャルデンチャー製作のための設計/構造 
  • 「X線写真を一般技工に生かす」 歯科技工2002.10月号 
  • 「コンセプトある歯科医院作り」 歯界展望2004.12月号 
  • 実力アップセミナー「テンポラリークラウン1・2・3」 補綴臨床2005.5月~9月号連載 
  • 「診療システムの転換を目指した移転開業Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」 日本歯科評論2005.7月8月10月号連載 
  • 力の集中が疑われる症例への取り組みを通して「予後不安な歯をあえて保存する意義」日本歯科評論2010.7月号
  • パートナーへの応援歌「歯科医院でも仕込みが大切!?」デンタルハイジーン2012.11月号
  • 「矯正用ボンディングベースによる固定装置の製作法と臨床」日本歯科評論2012.8月号、日本顎咬合学会学会誌かみ合わせの科学2013.4月
  • 「GPこそマイクロスコープを!」歯界展望2013.1月2月3月10月号
  • 「移転開業から10年 夢の実現・・・・・・そしてその後」日本歯科評論2014.10月
  • 「診査診断ナビゲーション・日常臨床でのヒント集(編著)」デンタルダイヤモンド増刊号2016.4月
  • みんなでマスターする救命処置 コラム「AEDを導入して」日本歯科評論2016.7月号
  • シリーズ天然歯を守る「上顎への処置を回避できた22年経過症例」歯界展望2017.2月号
  • 「樋状根の根管治療について考える」日本歯科評論2017.10月
  • 「院内スタッフみんなでマスターする救命処置(共著)」HYORONブックレット2018.4月
  • 谷本幸司の「磁性アタッチメントの臨床」デンタルダイヤモンド2019年2月

講演・学会発表歴

日本顎咬合学会
  • 2012年 歯内療法にマイクロスコープを取り入れてみて
  • 2014年 TCHと咀嚼効率の関係について
  • 2015年 日常臨床にマイクロスコープを活かす
  • 2016年 力の診断と対応
  • 2017年 依頼講演 テーブルクリニック「GPこそマイクロスコープを!」
  • 2021 年 依頼講演「磁性アタッチメントが主役になる日」マグネット義歯製作の勘所
顕微鏡歯科学会
  • 2013年 GPこそマイクロスコープを
  • 2015年 オータムセミナー「マイクロスコープ導入後の悩み」
  • 2019年 オータ厶セミナー「補綴設計の決定にマイクロスコープを使用した一例」
  • 2022年 ウインターセミナー「CRシリンジを用いたMTAセメントのデリバリー」
日本歯科医学会

2016年 TCHと咀嚼効率の関係について

京橋歯科医師会

2016年 依頼講演「GPこそマイクロスコープを!」

高橋矯正歯科研究会

2015年 依頼講演「力の診断と対応」

日本大学松戸歯学部同窓会

卒後研修での講演

受講セミナー

  • 国際デンタルアカデミー(IDA)局部補綴スペシャリティコース 卒業 
  • JCPG 歯周病セミナー
  • ストローマンインプラント実習セミナー
  • IPSG 包括歯科医療研究会 総義歯 テレスコープセミナー
  • GC 総義歯セミナー
  • 3Mix-MP法セミナー
  • インプラテックスGTRセミナー
  • インプラテックスGBRセミナー
  • PLATON オステオプッシャーセミナー・難症例対応セミナー
  • 白水貿易 マイクロエンド実習会
  • マイクロエンド2日間実習コース
  • Kerr ダイレクトボンディングコース

その他多数

プライベート

休日の過ごし方

研修がないときは、海に行ったり山でキャンプしたり、アウトドアを楽しんでいます。

趣味

お神輿、ボート操縦、キャンプ、食べ歩き

入れ歯治療をご検討中の方へ

具体的な治療法と、その費用をご案内するページです。

こだわりの治療で、より良い入れ歯をご提供します。

入れ歯治療の流れについて順を追ってご説明します。

当院こだわりの機器や院内の設備をご確認いただけます。

よく患者さまからいただくご質問をまとめました。

歯科治療にご利用可能なデンタルローンを導入しています。

治療に対する理念やモットー、院長の思いをご紹介します。

入れ歯治療をご検討中の方も、お気軽にお越しください。

お気軽にご相談ください

どうぞお気軽にご相談ください

どうぞお気軽に
ご相談ください

  • 硬いものを噛むと痛い
  • 総入れ歯やインプラントは嫌
  • 歯がグラグラする

こんな悩みはありませんか?

当院では、入れ歯についてのご相談を受け付けております。以下リンクをクリックしてぜひお問合せください。

診療時間
9:00~12:30
14:00~17:30

─:休診日  ▲:9:00~13:00

診療時間

 
午前
午後

午前:9:00~12:30
午後:14:00~17:30
▲:9:00~13:00
休診日:木曜・日曜・祝日

デンタルオフィス谷本
新川八丁堀入れ歯専門歯科外来

〒104-0033
東京都中央区新川2-24-10
八丁堀駅 徒歩5分、茅場町駅 徒歩10分、日本橋駅 東西線12分